平成28年度 第2回 地域ITS研究会を開催しました(2016/11/29)
平成28年度 第1回 地域ITS研究会を開催しました(2016/9/6)
平成28年度 定期総会・講演会を開催しました(2016/6/23)
平成27年度 第3回 地域ITS研究会を開催しました(2016/2/22)
平成27年度 第2回 地域ITS研究会を開催しました(2015/11/24)


平成28年度 第2回 地域ITS研究会を開催しました

 日 時:平成28年11月29日(火)14:30〜17:00(受付開始14:00〜)
 場 所:NCO札幌(旧ビル名:NSSニューステージ札幌)5F会議室
      (札幌市北区北7条西1丁目2-6)
 主 催:北海道ITS推進フォーラム
 参加者:40名

会場の模様
会場の模様


[講演1]Hondaのドライバー、道路管理者向け防災情報配信の取り組み
 講師 本田技研工業株式会社 ビジネス開発統括部 テレマティクス部
    サービス開発室   チーフ 益田卓朗 様

ホンダのテレマティクスサービス インターナビの企画・開発やプローブ研究の最前線でご活躍されている益田様より、ホンダユーザー向けカーナビサービスと道路管理者向けプローブデータ活用サービスについてご講演をいただきました。

ホンダは2003年からテレマティクスサービスを展開し、事実情報を早く確実に伝えることを理念としたデータ通信費無料のインターナビは、2015年には150万台、年間84億kmの走行実績を有し、年々、確実に増加しているということです。

ユーザーに役立つコンテンツを中心として「位置付き安否確認サービス」や「気象・防災サービス」を全国で展開するとともに、近年、暴風雪災害も多いことから「ホワイトアウト予測情報」を1道13県で実施し、好評を得ているサービスの内容、仕組み、過去の実績等について詳しくご紹介をいただきました。

また道路管理者向けサービスのひとつであるプローブ加工情報について、通行実績情報や自動車交通ビッグデータの活用例、そして降雪期における交通障害情報の活用の可能性について、独自のリスク評価技術を含めて詳しくご説明をいただきました。

 質疑応答では、顧客サービスと社会サービスの考え方に関する質問や、ホワイトアウト情報の現況と予測の考え方、経路選択での活用、海外展開の状況などの質問があり、活発な質疑応答が行われました。

講演の模様1 講演の模様2
講演の模様


[講演2]路面状態判別システム(CAIS)を活用した
                高速道路における冬期路面管理について

 講師 (株)ネクスコ・エンジニアリング北海道 企画部 技術開発室 
    主任研究員 大廣智則 様

高速道路の冬期路面管理について、路面状態判別システム(CAIS)を活用した凍結防止剤最適自動散布システム(ISCOS)を開発している大廣様よりご講演をいただきました。

北海道の高速道路では冬期の路面管理として凍結防止剤を散布していますが、道路構造物への影響やコスト縮減の面から、散布量の最適化が求められています。ネクスコ・エンジニアリング北海道では、ブリヂストンが開発した路面状態判別システム(CAIS)を活用した道路管理について共同研究を行い、実用化した内容について詳しくご説明いただきました。

CAISは、タイヤ内部の加速度センサから得られる路面状況に応じた特徴的な振動波形から7つの路面状態(乾燥・半湿・湿潤・シャーベット・積雪・圧雪・凍結)を判別するシステムであり、ISCOSは、CAISで得られた路面判別データを基に、凍結防止剤の最適な散布量を計算し、剤の適量積込装置で必要量を搭載し、凍結防止剤散布車で必要区間に必要量を自動散布する世界で初めてのシステムということで、札幌近郊の一部区間に導入されています。

ISCOSは、路面状態に合わせて剤散布を最適化することで凍結防止剤の使用量の削減を目指しており、H26・27年の実績では数%〜十数%の削減効果が得られたということです。H28年度は削減効果をさらに向上させたいと抱負を語っていただきました。

 質疑応答では、システムを活用した時(with)としなかった時(without)の考え方、リアルタイム散布の可能性、気象予測データの活用方法、カメラ画像による路面判別の可能性、GPS精度を考慮した散布区間の考え方などの質問があり、活発な質疑応答が行われました。
講演の模様1 講演の模様2
講演の模様


[話題提供]第23回ITS世界会議メルボルン2016の概要

 講師 (国研)土木研究所 寒地土木研究所 寒地交通チーム
    総括主任研究員 高橋尚人 様

 第23回ITS世界会議(開催地:オーストリア連邦メルボルン)に参加して、会議全体の概要や印象的だったことなどについてご紹介をいただきました。

 世界大会は、アジア・太平洋地域、アメリカ、ヨーロッパ地域から参加しており、総参加者数11,498人、出展団体数236団体、参加国73ヶ国で文字通り世界中からの参加があり大変規模の大きい大会です。
今回の会議のテーマは「住みよい街とコミュニティへ」で、もはやITSは特別なものではなく、社会や暮らしを支える技術として根付いていることが感じられたとのことです。

印象に残ったキーワードとして、次の内容についてわかりやすくご説明をいただきました。
  ・自動運転の実用化の促進
  ・内閣府 森下信企画官によるSIP自動走行システムの技術開発と目標、参加呼びかけ
  ・全米各地で展開しているスマートシティ、コネクティビティ
  ・米国の全世代・性別 3,400人のドライバーが参加した詳細なトリップ記録とデータの公開
  ・展示では、非接触型のセンサの多様化やデータ処理の高速化、そして標識などハード系

また、高橋様が発表された「アイトラッキング装置を用いた凍結防止剤散布オペレータの視線挙動把握」についてもご紹介いただきました。

国内外の最新の技術動向を把握している高橋様ならではの視点で、大変興味深いご報告をいただきました。

さらに、質疑応答では、会場から、冬期道路に関連してどのような発表や展示が見られたかとの質問に対して、非接触センサを挙げるなど、議論を深めることができました。

講演の模様1 講演の模様2
講演の模様



北海道ITS推進フォーラム入会のご案内
 北海道ITS推進フォーラムでは、各地で展開されているITSサービスや技術について 幅広い情報提供や意見交換を行うことを目的として、年数回 講演会や研究会を行っています。
 このうち、研究会の参加は 北海道ITS推進フォーラムの会員を対象 としていますので、 会員以外で、今回の研究会に参加を希望される方は、合わせて北海道ITS推進フォーラムへの入会をお願いします。入会方法や、北海道ITS推進フォーラムの活動等は、左メニューの「入会申し込み」をご参照願います。問い合わせは、北海道ITS推進フォーラム事務局までお願いします。



ITS子供向け冊子(ダウンロード)「さあ、未来を見に行こう・ITSで変わる暮らし」

link title










北海道の国道
北の道ナビ
札幌の道ナビ
北海道地区道路情報
Safety Drive Hokkaido
北の道の駅
北の道再発見
素敵な北の道
シーニックバイウェイ北海道
北の交差点
北の道リンク









札幌市公共交通情報
札幌市交通局
JR北海道
中央バス
北都交通
じょうてつバス
JR北海道バス
北海道バス協会
らくらくおでかけネット





日本航空(JAL)
全日本空輸(ANA)
北海道国際航空(AirDO)
新千歳空港ターミナル
日本長距離フェリー協会




さっぽろお天気ネット
お天気Web北海道
tenki.jp((財)日本気象協会)
気象警報・注意報(気象庁)
札幌市の雪対策


 


札幌市消防局
北海道 救急医療・広域災害情報
(夜間・休日当番医情報等)

内閣府防災部門
防災情報提供センター(国土交通省)






さっぽろ観光ガイド
北海道の観光
(北海道観光のくにづくり推進局)

北海道観光総合データファイル
北の街道(北海道商工会連合会)
北海道オートリゾートネットワーク
All About Japan[北海道]
 







札幌市
さっぽろふらっ〜とホーム
北海道
北海道人
HBC北海道情報
URL HOKKAIDO
Channel Hokkaido


NTT iLIVE
北海道の「いま」











北海道ITS推進プラン
北海道開発局
札幌のITS
北の道
(寒地土木研究所寒地道路研究グループ)

警察庁(安全・快適な交通の確保)
総務省(情報通信関連)
経済産業省
国土交通省
国土交通省道路局ITS
地域のITS(JICE)
道路新産業(HIDO)
ITS Japan


back



あなたのホームページからリンクを張る場合には、特別な条件は設けておりませんので、
ご自由にリンクをお張り下さい。リンクに画像を用いる際は下の画像をお使い下さい。


logo

北海道ITS推進フォーラム事務局
電話 011-736-8577,FAX 011-736-8578